静かな空に爪痕残す

情事を描いたR18小説。節約してロードバイクを購入するまでの記録。メダカのビオトープと11匹の金魚飼育。二次小説も構想中です!

カテゴリ: 新入社員との情事

大学を卒業して小さな食品メーカーに就職した俺は会社から郵送されてきた新神戸行きの新幹線のチケットを握りしめて東京駅に来ていた。






3月31日の東京駅は俺のようなスーツにスポーツバックという社会人になりきれていない新卒者でごった返していた。






博多行きの新幹線にたどり着くとすでに男子1人と女子2人がホームに立っていた。






同じ位のタイミングで同期の男子1人も着いたので東京組の同期5人が揃った。






会社説明会から気になっていた三枝綾子に視線を送ってみた。






可愛い笑顔で『よろしくね!』と言ってくれて俺は思わず舞い上がってしまった。






新幹線の中は女子がお菓子を分けてくれたりして修学旅行にでも行く感じで和やかな雰囲気だった。







次の日は入社式をして業務内容の説明から研修はスタートした。







研修は1週間で夜は神戸の街で飲み食いをしてビジネスホテルに帰るのが日課になっていた。






すっかり同期と気心が知れてきた4日目にラッキーなチャンスが訪れた。







居酒屋やみんなで飲んだのにビジネスホテルに戻ってもまだ飲み足らなくて1階下の女子の部屋がある4階にビールを買いにいった。







すると自販機に向かって綾子が歩いてきた。








『まだ飲むの?』







からかうような口調で綾子が俺に言った。









『もう少し飲みたくてね…。良かったら一緒に飲む?』









『えっ!!うん…いいよ。』






『非常階段で飲まない?夜風が気持ちいいよ!』







特に下心があるわけではなかった。
二人だけで普通に飲めたらいいなとこの時は思っただけだった。






つづく




黒川健吾:22歳
三枝綾子:22歳

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

非常階段に腰掛けて綾子と缶ビールを飲んだ。





リクルートスーツのタイトスカートから伸びる細い足が素敵過ぎる。






高台に位置するビジネスホテルなので4階でも夜景が一望出来る素敵な場所だった。






非常階段でばか騒ぎしたらホテルの人に注意されるかもしれないと言葉少な目にしていたら何か良い雰囲気になってきた。






このままキスしてもOKじゃない?という考えが頭をよぎる。







綾子は黙って夜景を見つめていた。








綾子の口元がどんどん気になってくる。






抵抗されたら酔っていた振りをすればいいよな…。







思いきって綾子の背中に手を回した。








ビクッと綾子は驚いたが特に抵抗するわけではない。






そして、勢いに身を任せてそのままキスをした。






学生の頃から遊び慣れていたのか綾子も上手なキスを返してきた。






つづく



黒川健吾:22歳
三枝綾子:22歳

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

綾子とキスをしながら手は太股の方へと忍ばせた。





ストッキング越しに伝わってくる温かさが俺の欲望を掻き立てる。






柔らかそうな胸元も触ろうとしたら






『ここでは駄目……』






と言われてしまったので綾子の部屋に行こうと言ったら黙って頷いてくれた。






みんなにバレないように忍び足で部屋まで向かった。






俺の動きが可笑しかったのかクスクスと綾子は笑っていた。






そして、部屋の鍵を開けると素早く入室した。





綾子の香水が充満した部屋で再びキスをした。






右手で背中から美尻へと指を這わせるように触った。








新入社員研修でこんな事が出来るなんて夢にも思わなかった。しかも憧れの綾子となんて…。






そのままベットに押し倒してスカートの中に手を入れようとしたら綾子が言った。




『先にシャワー浴びない?』





『あっ!うん…そうだね!』






綾子は後ろを向くとリクルートスーツを脱ぎ始めた。






つづく



黒川健吾:22歳
三枝綾子:22歳

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

綾子が服を脱ぐ後ろ姿を固唾を飲んで見ながら俺もスーツを脱いでいった。




そして、綾子はワイシャツを脱ぐとピンクのブラ紐を披露してくれた。






あぁ…正面から見たいなぁ…。





しかし、ビジネスホテルの狭い部屋では身動きも取れなくてあっという間にブラを外していた。






今度はタイトスカートのホックに手を掛けると床にストンと落とした。





ストッキングの中に包まれているピンクのパンツが目に飛び込んできた。





それも手際よく脱いでいって美尻を俺の前に突き出した。







『俺もう元気になっちゃったよ!』





と言いながら遮断機を綾子に向けると視線を反らして静かに笑ってくれた。






素っ裸になった俺と綾子。






もう一度ディープキスをしてから浴室に手を繋いで入っていった。





つづく




黒川健吾:22歳
三枝綾子:22歳

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

浴室の中なら隣の部屋にいる同僚にもアレの声は聞こえないだろう。





そして、お互いに洗い合いっこをしてからお互いを触り合った。






『あん!はあぁん!いやぁん!!』






綾子の自動ドアを入念に触手で点検していくと期待どおりの可愛い声を浴室に響かせてくれた。







大胆な綾子の可愛い声が隣に聞こえるのではないかと不安になる(^_^;)







そのまま浴槽の縁に座らせて自動ドアの最終点検をすると身体を振るわせて発車してしまったみたいだった。






『今度は黒川君のもやってあげるね…』






お返しとばかりに濃厚な尺八を奏でる綾子。






かなり遊んできたみたいでプロ並みのレベルで気持ちよくさせてくれた。






チュパ!チュパ!ジュルジュル!!






綾子の可愛い口元に俺の遮断機が出入りしているのを見ているだけで発車してもよくなってしまった。







あっそうか…ゴムないから尺八でいかせてくれようとしているんだな…。





『このまま出してもいい?』






と聞くと上目使いで俺を見て首を縦に振ってくれた。






チュパ!チュパ!ジュルジュル!!







俺が立ち上がると綾子はラストスパートを掛ける。





そこから1分経たないうちに綾子の口内に白いのを沢山発車させて貰った。





ベットに戻ると綾子の自動ドアを点検して2回程行かせてあげた。






そして、少しだけ綾子と添い寝をしてから自分の部屋に戻っていった。



黒川健吾:22歳
三枝綾子:22歳

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

このページのトップヘ