今日も松下由貴が商談に訪れていた。






応接室で熱心に見積内容を俺に説明してくれた。







この表情が堪らなく可愛いです!
[画像:dc20af57.jpg]


実は既に松下の会社から購入する事は課長に相談して決めていたのだった。








課長からはもう少しコストダウン出来る材料を探ってくれと言われていた。





もっと松下由貴と話がしたいと思い接待を促してみると






『是非行きましよう!今週の金曜日は如何ですか?』







とお客様の要望に健気に答えてくれたのだった。





金曜日は朝からソワソワしていた。






課長には内緒にしていたので急な仕事を頼まれないかハラハラしていた。





19時頃に課長が帰宅したので予定通り20時前に退社して待ち合わせ場所に向かった。





二人っきりで飲めると期待しているが、前任のハゲ課長が来たら残念だな…。






この時はまだ一緒に眠ろうなんて考えてはいなく、ただどんな形であれ松下由貴とお酒を交わせるが楽しみだった。




つづく

峰岸正道→32歳
森下由貴→28歳

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ