麗奈をおんぶしてエレベーターに乗り込む。




甘い香水の香りと背中に当たっている柔らかい巨乳で





俺の遮断機は徐々に上がっていった。



後ろから見たら完全にチラリが拝めるミニスカートだった。



夜中でないと完全にヤバい状態です(^^;




部屋に入ると玄関に麗奈を下ろした。




ドアを閉めると麗奈は目をつぶって寝転んだままだ。



顔は赤く完全に酔っ払っているようだった。

IMG_20190717_223349

込み上げてくる欲望を抑えてヒールを脱がしてあげた。




足をあげて脱がしたので黒のパンツが目に入ってしまう。




お姫様抱っこしてリビングの床に寝かせた。



麗奈とは池袋の店で知り合った。





うちに来るのは3回目で既に関係は持っていた。



つづく




平井拓哉→36歳の冴えないサラリーマン
麗奈→最近知り合ったキャバ嬢