静かな空に爪痕残す

情事を描いたR18小説と節約してロードバイクを購入するまでの記録。二次小説も構想中です!

2020年04月

最後の一枚を脱がすと美しいVの字が眼前に飛び込んできた。

俺も急いでトランクスとTシャツを脱ぎ捨てた。



奈々は反り返った遮断機をチラ見して自動ドアを手で隠して目を閉じた。

f3fa1f94.jpg

奈々の右手を掴んで遮断機を触らせた。



恥ずかしそうに俺の方を見ながら遮断機を弄ってくれた。



つづく

奈々のフェロモンがたっぷりの下着に顔を埋めていった。



下着と肌の間に舌を這わせて塩味を堪能してから自動ドアを上から擦ってみた。

IMG_20200320_231303

自動ドアを指で悪戯すると可愛い声を聞かせてくれる。



『うぅ…ん!あぁん!!』



下着が徐々に湿ってきたので横から指を忍ばせて責める。




音を奏でてずぶ濡れの下着に手を掛けた。



つづく







つづく


柔らかい牌乙を揉みしだいてB地区を口に含んた。



音を立てながら吸い付いて綺麗な牌乙を存分に堪能して弄んだ。

255646b0.jpg

攻撃の手は奈々の下半身へとゆっくり侵攻していった。



女性フェロモンが漂っているジーンズのホックに手を掛ける。


柔らかい下腹部の弾力でホックを外すとジッパーが少し下がった。



レースの下着が俺の性欲を倍増させる。



太股にぴったりフィットしたジーンズを脱がして床に落とした。



俺は躊躇せずに熱気ムンムンのレースの下着に顔を埋めていった。



つづく

柔らかい谷間に舌をねじ込むと水沢奈々は体を震わせて感じている。



『あぁん…!』



悩ましい吐息のような可愛い声を聞かせてくれる。




ブラの上から揉みほぐしてから背中に手を回してブラのホックを外した。

066bc4b6.jpg

ツンと突き出たB地区が露わになったが奈々は少し微笑んで隠そうともしなかった。



『凄く綺麗な牌乙だね!食べちゃうのが勿体ないよ…』




奈々は嬉しそうに笑いながら



『お腹いっぱい食べちゃってもイイからね!』



と答えて俺の首筋に腕を絡ませてきた。



幾人もの男達に弄ばれたであろう牌乙に俺は本能のままにむしゃぶりついた。



つづく

4/8から朝晩毎日座れて通勤できてるモルトです(´▽`)ノ



今日はさらに通勤者が減るかなと思いましたが最低ラインなのか全く減りませんね。

IMG_20200110_003252



東京の感染者数も100人から39人まで減ってきたので5/6に緊急事態宣言が解除になる事を期待しています。




このページのトップヘ