静かな空に爪痕残す

節約してロードバイクを購入するまでの記録。メダカのビオトープと12匹の金魚飼育。情事を描いたR18小説と二次小説も構想中です!

2019年02月

ヴィッツの中古車選びはネットで行いました。


無駄に歩き回らなくて済むので便利な世の中になったと思います。


逆に言えばネットに対応していないお店は淘汰されてしまいますね。


予算的にヴィッツFを検索していましたが、営業車感が否めません!



城主は50万円までしか出せないという事で100万円の予算で考えていました。


ムーヴの下取りがディーラーで50万付いていたので城主の手持ちでOKの計算でした。


しかし、折角購入する車が営業車では妥協し過ぎだろうという考えになってきました。



なので、モルトもオーバー分を出すという事で130万円のヴィッツジュエラに格上げ!


希望の車がやっと見つかりましたよ(´▽`)ノ


モルトが出す予算の原資は6年間で貯めていたロードバイク貯金が22万円。


ヴィッツに投資することになり、ロードバイクの夢は立ち消えになったとさ(T.T)

ムーヴで借りたときに安くして貰った車庫を不動産屋さんがオーナーと交渉して頂いたお陰で継続OKになりました(´▽`)ノ


しかも、依頼した5千円upを3千円upにしてくれて感謝の限りです!



城主からも『よくやった!』とお褒めの言葉を頂きました(*^^*)

先週14:00に再訪問する事をトヨタのディーラーと約束していたので予定どおり伺った。


若い担当者だけでなく上司も同席して3月で大幅な値引きが出来ると契約交渉してきた。



もう1度試乗も出来る!と足止め工作をされたが、中古車も検討していると伝えて足早にその場を後にした。


その足でモルトの中では本命のホンダのディーラーに行った。


駐車場が空いていて中にお客さんも少なかった。


フィットを試乗したいと伝えると快く応じてくれた。



準備を待っているとあれよあれよとお客さんが増えてきたので、うちの車を屋上駐車場に担当者が移動した。


そして、フィットハイブリッドで試乗開始!



軽自動車選びの時にN-BOXを試乗して依頼のホンダ車の運転(´▽`)ノ


あの時のレーシングカーのように唸るエンジンのホンダサウンドを期待したが、ハイブリッド車なのでエンジン音は静かでした。


ホンダ車に乗ると何だかテンションが上がってきます!


試乗が終わって待合室でフィットで決まりだなとけど、後部座席の乗り心地で城主から却下された。


担当者が戻ってくると要望を聞かれたので新車販売の深追いはせずに系列店の中古車をiPadで探してくれた。


忙しそうで淡々とした対応だったが、こちらの要望に答えてくれて好印象でした。







このページのトップヘ