ドラムセットにいる挑発的な態度の千葉翔太に板橋広志が近づいていく。



間に割って入った俺は広志の肩を両手で押すと後ろにのけ反った。



『なめてんのかテメェよぉ~!!』



俺に飛び掛かってきて胸ぐらを掴んできた。

1ed36770.jpg

暴力を振るうつもりは無かった。



ただ、長年キックボクシングをやっていた為、防衛反応が自然に出てしまった。




胸ぐらを掴んでいる広志を後ろに押すと左あごに右ハイキックをお見舞いした。




つづく